商標権について

 

当社は、広告主または広告会社がリスティング広告掲載契約に基づき広告掲載をする際、広告主または広告会社に第三者の商標権を侵害していないことを保証していただいております。

商標権の侵害とは、正当な権利や権原のない第三者が商標法第2条3項各号に列挙されている方法で商標を使用している場合をいいます。すなわち、商標法は、商標登録された「言葉」の使用を包括的に禁止しているわけではなく、あくまで出願の際に指定された商品又は役務についての第三者による使用を限定的に禁止しているに過ぎませんので、商標と同一又は類似する商標が第三者により入札されたとしても、指定商品又は指定役務が同一又は類似しているものでなければ、商標権侵害とはなりません。商標権侵害の懸念がある権利者の方は、事前に専門家にご相談される等充分なご検討のうえ、ご連絡下さいます様お願い申し上げます。

万一、第三者の商標権を侵害している広告があった場合、当社は広告の掲載を中止するなど、被害を最小限にとどめる対応を行います。なお、可能な限り、権利者の方と広告主の当事者間で当該問題を解決して下さいますようお願いしております。

ご自身の有する商標権の侵害を見つけた権利者の方は、下記の書類をご提示のうえ、ご連絡ください。頂いた資料等を参考に当社は対応方法を検討しますので、判断に充分な資料をご用意下さい。頂いた資料はご返却できませんので、必要に応じてコピー等を保管されることをお勧めいたします。なお、ご連絡は商標権者ご本人または弁護士資格を有する代理人の方からのみお受けいたします。ご連絡をお受けした後、速やかに対応いたしますが、対応方法およびその経過についてはご回答致しかねます。また、ご連絡の受領は、当社が広告の削除等の対処を行うことをお約束するものではありません。

1.申立て者の本人確認資料(法人の場合は名刺可)
2.検索キーワードと検索結果のスクリーンショット(デジタルカメラ等で内容がわかるように携帯電話の画面を撮影してください)
3.広告のリンク先URL
4.商標登録証明書
5.商標権侵害にあたると判断される当該広告主の行為の詳細
6.当該広告主と交渉された内容の詳細

以上

【送付先】
〒104-0061
東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル
株式会社D2C
ドコモメディア事業本部